FC2ブログ

かぜの時の鼻水や咳の役割を見直そう!

風邪をひいたとき。
鼻水が出る、鼻水がつまる、咳が出る、痰が絡む、
胃腸炎症状が主体ですと、
気持ちが悪くて吐く、下痢がひどい、時々お腹が痛む、
どれも不快な症状です。

でも、これらの症状、”すべて悪”というわけでもありません。
むしろ、病原体から体を守るために、すべて必要不可欠な症状なのです。

私たちが何かに感染したとき、風邪をひいたときに、
いつもの元気な状態に戻すために、自分の体内の免疫が一生懸命頑張っている結果なのです。

また、薬がこれらの症状を止められるのか?
いえ、止められないのです。
もっと具体的に言えば、
ぴたっと止められるほどの手段がない+必要以上に止めに行かない方がよいのです。

乳幼児は、鼻をかめません。
鼻の中の空間、鼻腔内もかなり狭いです。
乳児は口を閉じて鼻呼吸で母乳を飲みます。
ですから、鼻水が多いと詰まって苦しくなります。
こんなときは、ご両親が少しでも鼻を開通させるべく努力をしなければいけません。
鼻を適宜お掃除する、固い鼻水はしめらせて軟らかくして取り除く、必要に応じて吸引するなど。
薬で多少でやすくするようなお手伝いはできますが、それでも残るものは取り除くしかありません。

咳については、
乳幼児の場合、百日咳のような特殊な状況を除きほとんどは鼻汁や喀痰の多い”湿った咳”になることが多いでしょう。
鼻水が喉の方に落ちる後鼻漏で咳をするのであれば、鼻水の管理でよいですが、
声門以下、気管支レベル以下に喀痰が多いと、
それを出すための手段は、”本人がしっかり咳をする”こと以外にありません。
つまり、しっかり強い咳ができない方が、下気道まで悪くなったときは大変苦労します。

他にもいろいろとありますが、
かぜに伴う症状はすべて、
私たちの体から病原体そのものや病原体と戦った末に不要となった細胞、分泌物を排出するための大切な症状であり、
この免疫の機能があるからこそ、我々は元気に生活できるのです。
またこの免疫が正常に機能していれば、通常のかぜは程度の差はあれ自然に治ってくるものです。
お薬はあくまで脇役にすぎず、
過剰な薬の使用はかえって必要な体の細菌叢を崩すことにもつながります。

当院で特に大事にしていることは、
そのときの症状の程度をしっかり見極めたうえで、
薬の使用は必要最小限にし、
自然に治っていく部分の邪魔をしないよう心がけております。

かぜの諸症状に対する皆様の視点を見直していただくきっかけになれば幸いです。

コメント 3件

コメントはまだありません
1124☆  
こんにちは

いつもお世話になっております。
先生のそのスタンスが好きで、通っております。
これからもよろしくお願いします。

2016/07/13 (Wed) 06:22 | 編集 | 返信 |   
baby  

受診するかどうか、いつも迷います。
鼻水が出たり咳が出たりしていても、熱がなく、いつも通り遊べたり食べれたりしていれば、様子を見るようにしています。
でも症状が変化しつつも2週間くらい続いているとなんだか心配になってきます。
2〜3歳の場合、受診のタイミング、必要性はどう判断すればよいでしょうか?

2017/11/09 (Thu) 23:07 | 編集 | 返信 |   
佐藤裕幸  
Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます。
”迷いが生じたとき”に受診してください。
お子さんの状態を一緒にみて、
”この状態なら様子を見ましょう”、
”これは早めに対処しましょう”、
”これはあまりよくない状態です”など
お母さんが私と同じ目線でお子さんの状態を把握できるようにすることが私の仕事です。
薬の必要がない状態で受診することがいけないことのように感じておられるようでしたら、
そんなことはありません。
むしろ、お子さんのさまざまな症状、状態の変化を一緒に見せていただくことで、
お母さんの経験値が上がり、お母さん自身でしっかり的確な判断が出来るようになり、
結果的に受診の必要があるかないかに迷わなくなります。
参考になりましたでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。


> 受診するかどうか、いつも迷います。
> 鼻水が出たり咳が出たりしていても、熱がなく、いつも通り遊べたり食べれたりしていれば、様子を見るようにしています。
> でも症状が変化しつつも2週間くらい続いているとなんだか心配になってきます。
> 2〜3歳の場合、受診のタイミング、必要性はどう判断すればよいでしょうか?

2017/11/10 (Fri) 08:37 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ